Skip to content

リバースエンジニアリングの防止技術

ソースコードを守る

ソースコード流出リスクをブロックする階層化セキュリティ

リバースエンジニアリングとは、コンパイルされたアプリを解析して、そのソースコードに関する情報を抽出するプロセスです。 リバースエンジニアリングにおけるハッカーの主な目的は、攻撃を実行するためにコードを理解することです。 ソースコードを保護することは、以下のような脅威に対する最初の防御策となります: 

知的財産の盗難

知的財産の盗難による金銭的な影響は間接的で先送りになるかもしれませんが、その被害は甚大です。 オペレーションの中断、契約の喪失、商号の評価の低下、保険料の上昇などのコストを考慮してください。

データプライバシー法の違反

侵害されたアプリケーションが情報流出やプライバシー侵害につながった場合、規制当局から多額の罰金や訴訟を受けることになります。 規制の厳しい業界では、規制違反のコストはすぐに数百万ドルに達し、風評被害にもつながる可能性があります。

認証の脆弱性

モバイルアプリケーションは、バックエンドサーバと通信することで、自分自身を認証。します。 このデータ交換と認証時に使用されるアルゴリズムを保護しないと、データ流出が発生し、ハッカーにエコシステム全体へのアクセスを許してしまうことになりかねません。

エコシステム全体保護

リバースエンジニアリングにより、ハッカーはアプリの脆弱性を見つけ、それを利用してバックエンドサーバに忍び込むことができます。 階層化されたアプリケーションセキュリティは、サイバー犯罪者の追跡を阻止し、犯罪を未然に防ぎます。 

知的財産の保護

ソースコードは、ビジネスの心臓部であり、機密性の高い独自データの基地であり、アプリの他のすべての機能の基礎となるものです。 ソースコードは、適切なセキュリティプロトコルと保護などのビジネスの、他のいかなる重要な局面と同様に、あるいはそれ以上に注意を払う必要があります。    

競合他社から秘密を守る

ソースコードの紛失は、企業の収益に影響を与えるだけでなく、競合他社に革新的なソフトウェア製品の仕組みを把握されてしまいます。 適切なセキュリティアプローチにより、競合他社がコードにアクセスして、長年にわたる研究開発投資を利用することができないようにします。 

アンチリバースエンジニアリング技術

あらゆる規模に対応したツールで、ビジネスの鼓動を守ります

Code Protection

モバイル・携帯端末およびエンベデッドシステム向けの、エンタープライズグレードのカスタマイズ可能なオンプレミス型ツールキット。

App Shield

AndroidおよびiOSのモバイルアプリケーション向けに、ゼロコードで簡単に導入できるクラウドサービス:

Whitebox

暗号化アーキテクチャを設計し、キーを制御するためのエンジニアリングツールキット。

専門家に相談する

階層化されたアプリケーションシールディングソリューションで、お客様のビジネスを保護する方法をご確認ください。 

This site is registered on wpml.org as a development site.