Skip to content

APIセキュリティ

悪意のある攻撃からAPIを保護

APIの保護に対するニーズの高まり

Gartner は、 2022年までに API の悪用が最も頻繁な攻撃ベクトルとなり、企業のウェブアプリケーションのデータ流出につながると予測しています。 * API を使用すると、何百万もの接続デバイスがバックエンドサーバと通信し、データにアクセスして、パートナー、顧客、従業員と通信できます。  

APIセキュリティが弱いと、ハッカーの攻撃やデータ流出など、手痛いダメージを受ける可能性があります。 Verimatrixのソフトウェアシールディングソリューションを活用することで、ますます巧妙化するハック・攻撃からAPIを保護できます。 

VerimatrixのAPIセキュリティは、以下のような広範囲に及ぶAPI攻撃に対応します:

中間者攻撃

ハッカーがAPIトランザクションを傍受したり、機密情報にアクセスできないように、データを暗号化して保護します。

デバイスのなりすまし

侵入者が正規のクライアントアプリを装って、フロントドアからネットワークに侵入することを防ぎます。

SQLインジェクション

APIセキュリティが弱いと、ハッカーがSQLインジェクション攻撃を実行し、アプリのロジックを破壊し、意図しない目的でAPIを悪用する可能があります。

API セキュリティは、接続されたエコシステム全体を保護します

機密性の高いユーザーデータをセーフガード

API が公開されたままの状態で、データ侵害が発生した場合、他の場所で発生した場合よりも、エンドユーザーにとってより個人的なものと感じられます。 ユーザーのアプリケーションがサイバー犯罪者によって標的とされ、アクセスされると、その脆弱性はネットワークだけでなく企業のネットワークにも及びます。 APIセキュリティは、顧客の信頼を守り、ビジネスを保護します。 

バックエンドサーバへのハッカーの侵入を防ぐ

脆弱なAPIセキュリティは、ハッカーがビジネスの心臓部であるバックエンドサーバに到達するための入り口となります。 これらのサーバには貴重な企業秘密が保管されており、悪用されると大きな損害を引き起こす可能性があります。 知的財産、収益、評判をセーフガードするためには、強力なAPIセキュリティを構築することが重要です。 

拡大する脆弱性への対応

従来、ハッカーはネットワークサーバの弱点を狙ってフィッシング攻撃を行ってきました。 しかし、テクノロジーが進化し、従来のセキュリティ境界線がクライアントデバイスに向かって外側にシフトするにつれて、脆弱なAPIが急速に悪用されるようになりました。 Verimatrixのアプリケーションシールディングソリューションは、お客様のアプリに強力なセキュリティを導入し、API攻撃を防ぐのに役立ちます。

APIをセーフガードする強力な自動化ツール

Whitebox

この暗号化セキュリティツールキットを使用すると、鍵を完全に管理し、独自の暗号化アーキテクチャを設計して、ハッカーがアプリコードを解析するのを防ぐことができます。 必要なクライアントのユースケースのみをサポートするようにAPIを設計し、SQLインジェクション攻撃を防ぎます。

Code Protection

APIの脆弱性を利用するために、ハッカーが行う最初の手順は、アプリコードを分析することです。 このオンプレミス型のソリューションでは、クライアントがバックエンドとの通信方法をサイバー犯罪者が理解しにくくすることで、APIの秘密を守り、モバイルアプリのセキュリティを強化できます。

App Shield

AndroidおよびiOS向けのこのクラウドサービスは、強力なセキュリティをアプリに自動的に導入し、人為的なミスによってチェックされていない脆弱な領域が作成されるリスクを取り除きます。 セキュリティに関する専門的な知識は必要なく、ソリューションは数分で導入できます。

専門家に相談する

階層化されたアプリケーションシールディングソリューションで、お客様のビジネスを保護する方法をご確認ください。

This site is registered on wpml.org as a development site.