Skip to content

信頼のタイムライン: Verimatrix(ベリマトリックス 社)におけるAndroid TV導入の歴史を振り返る

Verimatrix(ベリマトリックス 社)は、優れた海賊版コンテンツ防止ソフトウェアツール、事前統合された強力なパートナー保護エコシステム、および受賞歴のある顧客サポートなどで放送業界ではよく知られています。 弊社のコンテンツプロテクションソリューションは、あらゆる場所でお客様のコンテンツを保護し、その価値を最大化するように設計されており、堂たる顧客リストが、弊社のリーダー的地位を裏付けています。 また、過去12ヶ月間に、デバイス間のソフトウェアやトランザクションの安全性を確保するアプリケーションシールディングソリューションで数々の賞を受賞しています。

Verimatrix(ベリマトリックス 社)は、Android TVのセキュリティに関して、長い歴史があります。 ここでは、この10年間にわたってVerimatrix(ベリマトリックス 社)がどこでスタートし、どのようにしてアンドロイドTVのエコシステムを守ってきたのかを振り返るために思い出話をしてみたいと思います。

Android TVの登場

Verimatrix(ベリマトリックス 社)のセットトップボックス(STB)へのアンドロイドOs搭載の歴史は、2012年に始まり、4つの主要なロールアウトが行われました。

  1. 韓国の大手セットトップボックスメーカー
  2. 中国の中堅通信機器メーカー
  3. OTT/IPTVセットトップボックスやソリューションを有料テレビ、通信、および携帯端末事業者向けに提供する中国の大手デジタルテレビ会社。
  4. 台湾の上場企業で、デジタルテレビのサプライチェーンに関わる製造および販売業者

2014年6月にアンドロイドTVが正式に発表された後、ビデオサービス事業者とそのパートナーにとって、状況が急速に変化していることが明らかになりました。 Verimatrix(ベリマトリックス 社)は、順応性、機敏性、そして先進性を重視して、2014年末までに20台のアンドロイドTV STBを統合しました。

2012年3月、Verimatrix(ベリマトリックス 社)は、Chunghwa Telecom社の次世代IPTVおよびマルチスクリーンプラットフォームの安全確保のために選ばれたことを発表しました。 今回の導入では、Verimatrix(ベリマトリックス 社)の受賞歴のあるセキュリティソリューションVCAS™が採用されましたが、このソリューションは、管理されたネットワークと管理されていないネットワーク上のビデオに対するセキュリティ技術を、単一のセキュリティ権限を持つヘッドエンドに統合したもので、統合されたアンドロイドTvデバイスにも対応しています。

2017年、Verimatrix(ベリマトリックス 社)はChunghwa Telecom(Hwacom HC-J3371C2 IPTV Ultra STB)の4K/UHD MovieLabs仕様に完全準拠したUltraアンドロイドTvインテグレーションを完成させました。

2020年の時点で、Verimatrix(ベリマトリックス 社)は120種類以上のアンドロイドTV STBを統合し、セキュリティを確保し、市場に供給しています。

到達時間 vs. 製品化までの時間

Verimatrix(ベリマトリックス 社)のMediaCasプラグインは、2019年2月にBroadcom社が初めて実装しました。 Verimatrix(ベリマトリックス 社)では、アンドロイドTVのカスタム統合は3ヶ月で可能ですが、MediaCasのプラグインを使えば、製品化までの時間を6週間に短縮できます。 これは、現在市場で販売されている他の多くのソリューションで報告されている、目標とする製品化までの期間の半分です。

Verimatrix(ベリマトリックス 社)は、アンドロイドTVをどのテクノロジー供給者とも連携して展開することができ、顧客のベンダーパートナーシップの選択肢をワイドに広げることができます。 弊社の強力なパートナーエコシステムは、複数のチップセットベンダーやセットトップボックスベンダーとの事前統合や事前認証を特徴としており、最も複雑なビデオサービス事業者であっても、柔軟かつ迅速に製品化することができます。

広大なパートナーエコシステム

Verimatrix(ベリマトリックス 社)のアンドロイドTVは、多くの認定チップセットベンダーとパートナーシップを結んでおり、有名なBroadcom社、Marvell(Synaptics)社、HiSilicon社、Amlogic社、Realtek社、Novatek社、MediaTek社、およびEntropic(MaxLinear)社なども含まれています。

Verimatrix(ベリマトリックス 社)は、Technicolor社、Samsung社、LG社、Arris社、ZTE社、およびKaon社など、世界のセットトップボックスやスマートテレビのトップベンダーの多くと統合されています。

アンドロイドTV導入のためのよく整備されたマシン

アンドロイドTVを導入する際には、製品化までの時間を短縮することが重要です。 スピードは重要ですが、ビデオサービスプロバイダは、セキュリティ統合の正確さも必要です。

アンドロイドアプリケーションの世界は、断片的なバージョンと一貫性のない実装が混在していると批判されています。 最近のアンドロイドTVでは、ビデオサービスに対する基本的なセキュリティが提供されていますが、コンテンツオーナーが今日求めているビデオサービスの強固な収益保証を提供するためには、プレミアムデバイスの実装に最新のセキュリティ技術の導入が切に求められていると考えています。

ビデオサービス事業者は、製品化までの時間が短いことに加えて、実績のある統合機能によってアンドロイドの導入が安全に行われることを望んでいます。 Verimatrix(ベリマトリックス 社)は、その両面で最善のものを提供します。 Verimatrix(ベリマトリックス 社)が初めてアンドロイドTVを導入して以来、このプロセスは時間をかけて改良され、完璧なものになっています。 Verimatrix(ベリマトリックス 社)は、100以上の導入を行い、複雑さの異なる様々なパートナーやサービス事業者と統合してきたことで、よく整備されたマシンを開発しました。 これにより、ビデオサービス事業者は、アンドロイドTVのスムーズな導入を信頼して行うことができます。

2012年から今日に至るまでのアンドロイドの代表的な導入事例や統合事例は以下のとおりです。 Bouygues Telecom社、Com Hem社、Swisscom社、Hathway社、Chunghwa Telecom社、VNPT社、Saudi Telecom社、Etisalat社、Proximus社、Rostelecom社、MTS社、ABS-CBN社および Televisa社。

コネクテッドビデオコンテンツセキュリティの先駆者

Verimatrix(ベリマトリックス 社)は、18年前にコネクテッドコンテンツセキュリティソリューションで市場に破壊的な力をもたらしましたが、弊社は創業以来、先見の明を持っています。 Verimatrix(ベリマトリックス 社)は、アンドロイドTVと同じ接続性の原則に基づいて、一連のセキュリティソリューションを構築しました。 Verimatrix(ベリマトリックス 社)は、コネクテッドメディア消費技術の創始者の一人として、アンドロイドTVへの導入を検討しているビデオサービスプロバイダに独自の専門知識と実証済みの方法を提供しています。

Verimatrix(ベリマトリックス 社)は、今後も一方通行のネットワークセキュリティの革新に取り組んでいきます。 実際、Verimatrix(ベリマトリックス 社)は先日、DVB用の新製品ベリマトリックスVCAS 5を発表し、TV Technology誌の2020年Best of Show Awardを受賞しました。 Verimatrix(ベリマトリックス 社)は将来に向けて投資しており、通信事業者が戦略的かつスムーズにクラウド対応のソリューションに移行できるよう支援しています。これは、Verimatrix(ベリマトリックス 社)が一方通行のネットワークを継続的にサポートしていることの証です。

Do you have questions about applications and content security?

Book a call with one of our experts

Want to keep up with Verimatrix news?

Sign up to the newsletter

Want to take a deep dive?

Connect with us

Anti-Piracy

This site is registered on wpml.org as a development site.