Skip to content

次世代のスポーツ: デジタルランドスケープの導入方法

スポーツにとっては激動の年でしたが、デジタル配信への移行とコンテンツ消費の変化は、何年にもわたってゆっくりと変化しています。 未来の世代はスポーツメディアを大きく異なる方法で消費します。 Z世代とミレニアル世代は、ライブイベント全体を受信するというよりは、ソーシャルメディアでハイライトを探します。そして、彼らは主に、チームではなく個々のプレーヤーをフォローしています。 適切に対処しないと、これらの消費行動は、リニアTVを中心に構築された従来のビジネスモデルに衝撃を与える可能性があります。

ほんの10年前、コンテンツ配信のセキュリティが非常に懸念されており、VerimatrixのCROであるLu Bolden氏は、「モバイルデバイスのコンテンツのライセンスを取得することは決してありません!」と宣言した大手ネットワークを覚えています。後悔先に立たずで、次に何が起こるかを予測することは不可能ですが(そして、今年以降、誰が望むでしょうか?)、確かなことが1つあります: これからはデジタルの時代です。 未来は、デジタルが競争相手ではないことを認識している人々の所にあります。デジタルは、既存の製品やファンベースの範囲を拡大する手段です。

放送局、リーグ、および権利所有者にとっての課題は? 既存のエコシステムを尊重し、デジタル環境によって生み出された機会を収益化しながら、次世代に投資します。 それを実現する方法は次のとおりです:

利用の透明性、信頼性、可視性

新しいビジネスモデルは、視聴者層の細分化とコンテンツ配信のためのばらばらのエコシステムを生み出しました。どちらもセキュリティ上の懸念を引き起こしています。 デジタル環境とスポーツメディアのアンバンドリングは消費者に選択肢を与えますが、それはまた、時間の経過とともにファンとの長期的な関係を構築するのに役立つ消費行動への洞察の喪失をもたらします。 これは収益の損失につながる可能性があります。

コンテンツをエンドツーエンドで保護する適切なセキュリティソリューションにより、リーグ、権利所有者、およびネットワークが制御を取り戻し、中央当局に収益のセキュリティを回復することが可能になります。 これにより、簡単にアクセスできる消費データが可能になり、より良いビジネス上の意思決定が促進し、レポートが合理化されます。

フリクションレスな参入障壁

Z世代の視聴者は、従来のリニアテレビモデルに加入する可能性が低くなります。 彼らは、ログイン、視聴、および支払いのための即時性とフリクションレスなデジタル体験を期待しています。 スポーツメディアのデジタル資産に強力なセキュリティを導入することは重要です。また、これらの資産を安全に使いやすくすることも同様に重要です。 セキュリティはプレミアムコンテンツやライブコンテンツを保護するために重要ですが、セキュリティの障壁はビジネスにとって有害になる可能性があります。

洗練されたセキュリティソリューションは、パスワードを忘れたり、デバイスからデバイスへの移行がぎこちなくなったり、帯域幅の問題が多発したりする煩わしさを解消するのに役立ちます。  

ビジネスモデルの安全防護対策

従来のリニアTVのビジネスモデルはかなり単純でした。権利所有者は契約を結び、放送局に一定の料金を支払いました。海賊版コンテンツの脅威以外は、コンテンツに何が起こっているのかを心配する必要はありませんでした。 デジタルコンテンツ、ストリーミングアプリ、およびそれらが生み出す収益の急増に伴って、ビジネスモデルが拡大するにつれ、攻撃対象領域は急激に拡大しています。

ライブスポーツストリームとそれを視聴するアプリには、包括的なセキュリティが必要です。放送局が心配する必要のある貴重な資産は、もはやコンテンツだけではありません。 ユーザー情報と支払いは保護されなければならず、データプライバシーの規制も満たされなければなりません。

スポーツの未来を守るセキュリティソリューション

放送局、権利所有者、およびリーグがデジタル環境で収益を獲得するには、中断のない包括的なセキュリティアプローチが不可欠です。 デジタルの機会を活用するには、透かし、DRM、海賊版コンテンツ対策、およびその他の対策を含む、エンドツーエンドのコンテンツとアプリケーションの保護が含まれます。 当社のチームに連絡して 、独自のビジネスニーズを満たすカスタムソリューションについて信頼できるセキュリティ専門家に相談してください。